トランサミンを服用する際に気をつけたい注意点

トランサミン服用時の注意点まとめ!

トランサミンを服用する際の注意点を解説

トランサミンを使用する主な目的は止血剤としての利用です。そして、それに加えて最近ではシミやかんぱんの改善をはじめとした美白目的で服用している人も多くなってきているようです。幅広い利点を持つトランサミンですが、注意しなければならない点もあります。こちらでは、トランサミンを服用する際に気をつけなければいけないポイントを解説していきます。

 

トランサミンの作用機序


まずはトランサミンがどんな仕組みで人間の体に効果をもたらすかを説明します。

 

止血剤としての効果

血液が固まる際にはフィブリンという物質の働きが大切です。怪我などで出血してもすぐに固まるのは、フィブリンがしっかり機能している証拠になります。この固まった血は血栓と呼ばれており、フィブリンの塊と考えても問題ありません。

 

この血栓は出血を止める上でとても大切なのですが、血栓が大きな塊になっている状態で脳に飛んでしまうと一大事です。これがいわゆる脳梗塞という状態です。脳ではなく心臓の場合は心筋梗塞になります。こんな事態になるのを避けるためにプラスミンという物質が働きます。プラスミンはフィブリンとは反対に血栓を溶かす作用を持っています。

 

フィブリンは血を固め、プラスミンは固まった血を溶かすという対になった役目を持っています。この二つの物質が上手く働くことで体内の血を適正な状態に保つことが可能です。

 

トランサミンはこのプラスミンの動きを阻害します。固まった血を溶かすプラスミンの動きが鈍くなるということはつまり、体内の血が固まりやすくなるということになります。これにより止血効果を得ることができるのです。

 

実際にどんな時に服用するかというと白血病などの出血しやすい状態になっている時の治療や、膀胱炎による血尿出血を抑えるといった局面で使われます。手術時の大量出血を抑えるための止血剤としても運用されます。

 

美白効果

止血に関する項目でプラスミンの働きを抑制するという話が出てきましたが、このプラスミンという物質は血に関してだけではなく、シミやかんぱんにも関わってきます。

 

プラスミンはメラノサイト(メラニンを生成する部位)を活性化させます。ですからプラスミンの動きが鈍ればメラニンの生成量を減らすことにつながります。

 

シミやかんぱんのもとになるのがメラニンですから、メラニンが作られるのを阻止できればこれらの治療ができるということになります。

 

トランサミンを使用する時の注意点


ここまででトランサミンはプラスミンの働きを阻害して血を止めたり、メラニンの生成を阻止するという話をしてきましたが、手放しで喜んでもいられません。何も考えずに使うと危険なケースもあります。大きな注意点として特に気をつけたいポイントを三つに絞って解説します。

 

高血圧・血液ドロドロの場合

ここまで説明してきたことでわかるように、トランサミンは「血を固まりやすい」状態にする働きをします。体内の血が固まりづらい状態であればとても役に立つのですが。もしも元々血が固まりやすい状態で服用すれば、体内の血はより一層固まりやすい状態になってしまいます。

 

注意点としては高血圧だったり、体内の血液がドロドロの状態で血管が詰まりやすい場合、更に血が固まりやすい状態になってしまったら、脳梗塞や心筋梗塞になる危険が急上昇してしまうでしょう。

 

また以前に脳梗塞や心筋梗塞の経験がある場合は必ず服用前に医師に相談しておきましょう。

 

トランサミンは血を固まりやすくする医薬品です。元々固まりやすい状態での使用には細心の注意を払いましょう。

 

腎臓になんらかの障害がある場合

 

トランサミンは腎臓で代謝(薬を体の外に出すための処理)されます。もしも、腎臓に何のダメージもなければ気にする必要はないでしょう。健康な腎臓が傷めつけられるような負担はかかりません。しかし、注意点としては腎臓の機能が弱っていれば話は別です。高齢で腎臓が弱っているようであれば大きな負担になりかねません。

 

注意点は腎臓が弱っていると代謝自体がしづらくなってしまいます。代謝がされなければ薬はなかなか体の外に出ていかない為に、効果が強くなったり効き目が長くなることもあります。副作用が大きくなる場合もあるでしょう。

 

しかし、副作用が少し出てつらいからと言って自分の判断で薬をやめるのは危険です。医師は全体的な視点で治療の指示を出しています。大きな治療効果を得るために小さな副作用を承知の上で薬を出していることは十分考えられます。辛ければ医師と相談して話し合った上で服薬を続けるか注視するか決めましょう。

 

腎臓が弱っていたり持病持ちの場合は必ず前もって担当医に伝えておきましょう。

 

妊娠時は美白目的の使用は避ける

トランサミンは副作用はとても弱く0歳から服用できる医薬品です。妊娠中や授乳中に飲んでも赤ちゃんへの影響はほぼないので問題ないでしょう。

 

注意点としては副作用という点では何も問題はないが、妊婦はそもそも血栓リスクが高い、トランサミンは少しではありますが血栓リスクが上がるのが注意点です。妊娠中の出血で止血の為にトランサミンを用いることもりますが、必ず医師の判断のもと行いましょう。このように止血目的なら総合的に判断して利用することもあります。

 

もしも、シミ・かんぱんの治療など美容目的で使うのなら出産後が望ましいでしょう。

 

 

トランサミンには血を固まりやすくする効果と美白効果があります。美白効果だけが必要な人にとっては前者は忘れがちになってしまいますが、何も考えずに使えば健康を損なってしまう大事な要素です。血栓リスクがあがるという点を忘れないでください。

 

トランサミンの格安通販方法を知っていますか?

 

トランサミンは「トランシーノ」などの市販品も売られていますが、比較的価格が高いのがネックです。

 

もしトランサミンを美容目的で格安利用したいのであれば、安く通販する方法を知っておくのがおすすめ。中身は同じトランサミンなので、安く購入できる方がお得にシミ対策できますよ。

 

>>トランサミンを安い価格で通販する方法

 

↑では、トランサミンを安く買う方法、さらには効果や上手な使い方などを徹底解説されています。一度見ておくと参考になるでしょう。

 

トランサミンってどんな薬なの?


日本国内ではトランサミンという商品名で販売されていますが、トラネキサム酸とは、人工で合成されたアミノ酸です。主な使用目的は、止血剤、抗炎症剤で、プラスミンと呼ばれる血液を溶かす物質の働きをおさえます。これから、抗プラスミン薬とも呼ばれています。安全性は高く、副作用はほとんどありませんが、注意点として血栓が安定化して溶けにくくなる場合があるため、脳血栓、心筋梗塞、血栓性静脈炎などの疾患を持つ人には慎重に投与します。

 

また、安全性が高いので手術中、手術後の出血など広く用いられていますが、解熱作用はありません。また、水に溶けやすい性質があります。注意点として味はとても苦いので、経口投与の時にはカプセル錠にするのが一般的です。美白効果もあるとされていて、市販の一般用医薬品の中にも、トランサミンが配合される場合があります。注意点としては例としてシミの治療に用いられる化粧品にはトラネキサム酸が配合されているケースもあります。歯茎の出血や炎症を抑える為に、歯磨き剤に配合されている例もあります。

 

注意点として血栓ができやすくなるため、同じく止血薬として用いられているトロンビンと一緒に使用はできません。薬の血中濃度が半減するまでの時間は1~1.5時間で、3~4時間以内に腎臓から尿中に排出されます。腎機能に障害がある場合は遅くなります。

ホーム RSS購読
http://www.martianmediainc.com/ http://www.onlinehairremoval.com/ http://www.howfatloss.com/ http://www.antalyaeastsubaylar.org/